天国の父へ

 9月17日は父親の命日だ。今年で9年・・・1年9ヶ月病気と闘い天国へ・・・私も共に闘った。病気に負けてしまったけれど悔いはない。闘病中は父親を一人の人間として感じることができた。父親の最後は病室にいながら仕事に行く(末期状態で脳に異常がある)と言って、看護師さん達を困らせていた。最期に想う事が仕事・・・そんな父親を私は尊敬する。仕事人間だった訳ではない。家にじっとしているのが嫌いで、定年退職後は近所の家の草むしりや屋根のペンキ塗りなど等常に身体を動かしていた。有給休暇は全て家族の為・・・まがった事が嫌いで、頑固でとても優しかった父親を誇りに思う。私は9年前、たくさん悲し過ぎて倒れていた(三半規管が弱い為)。

~IMA GENKI!! RAISE ARUNARA MATA AERU TAMASHII MIGAKU BIKKURI SASERU WATASHINO TAMASHIINO SEICHOU MITEHOSHII~